観光での来島自粛のお願いと、営業自粛のお知らせ

OKCA八重山支部、西表島カヌー組合、八重山SUP協会西表支部の3団体は、離島での新型コロナウイルスの感染を出さない、増やさない行動が最も大事だと考え、マスコミ向けに連名で声明文を出しました。

現状では、非常事態宣言の発令されている中においても西表島に来島される方が少なからずおられます。観光業を営む我々にとっては観光に来られる方は感謝するべき人たちでありますが、観光に係わらない島民に不安を与える中での営業活動は、多くの島民の理解を得ることができません。営業自粛ではなく、営業停止の方が良いという声が上がっているのも実情です。

4月18日の八重山毎日新聞の記事です。